2021年度

修了生

徳原 崚人
<修士論文タイトル> 地図アプリ利用者の都市イメージの分析に関する研究 -地図アプリ使用前後のスケッチマップの比較を通して-

仲村 拓馬
<修士論文タイトル> ワークショップにおける発言者の属性に着目した意見分析と手法に関する研究 -二川小学校150周年事業「未来を見据えた校舎設計」を対象として-

成瀬 将司
<修士論文タイトル> 建築情報教育における習熟モデルに関する研究 -プログラミングを用いた三次元設計の習熟過程に着目して-

Ulemjjargal Bileguutee
<修士論文タイトル> Research on renovation co-design method utilizing metaverse -A renovation case historic building on non-immersive social VR-

卒業生

小島 敬也
<卒業設計テーマ> 海とともに -地域にふれる仮暮らし-

野⼝ 佑⼤
<卒業設計テーマ> 憩いを隙間に -藍場浜公園における公共的な居場所の構築-

早坂 ⼤進
<卒業設計テーマ> Hangout space -消費⾏動の変化から⽣まれる新たな商業空間-

LKHAMLKHAAJAV BAVUUDORJ
<卒業設計テーマ> 線路上の街 -街=⽣活×交通-

BAYANMUNKH NYAMSAIKHAN
<卒業設計テーマ> みんなの場所 -共に楽しみ学ぶ障害者施設-

2020年度

修了生

富川 ひかる
<修士論文タイトル> XRを援用した際のデザイン特性に関する研究

名草 健太
<修士論文タイトル> VR空間における入居後評価手法(POE)に関する研究 -現実空間でのPOEとの比較検証-

前川 寛太
<修士論文タイトル> プログラミング言語記述による建築構成の解読 -パラーディオのヴィラの再現と再解釈を通して-

日野 慧
<修士論文タイトル> 街路空間における休憩者のパーソナルスペース形成に関する基礎的研究

卒業生

来田 晶子
<卒業設計テーマ> Starting Point for Tottori-市民・観光客が集まる広場・バスターミナル-

田中 甫
<卒業設計テーマ> ブレイクアウトドアスペース

播 直昌
<卒業設計テーマ> きのあいだ -地中のメンタルクリニック-

諸江 龍聖
<卒業設計テーマ> 白湯が溢れるあの場所に

2019年度

修了生

高野 一博
<修士論文タイトル> VRを用いたデザイン提案における対話性の検証-インドネシア・バンドンの歴史的建築物再活用を事例として-

中川 直樹
<修士論文タイトル> 伝統的な祭りへのICTシステムの活用とその効果について-豊橋鬼祭における実証実験を通して-

奈良 祥平
<修士論文タイトル> 即時的なデザイン手法における入力デバイスの比較評価と考察

卒業生

佐藤 海
<卒業設計テーマ> 万葉のうた -分断の修辞-

徳原 凌人
<卒業設計テーマ> 晴耕雨○-住民と農業の融和

成瀬 将司
<卒業設計テーマ> 遷移する建築 -葦毛湿原の環境循環構築-

ビビ
<卒業設計テーマ> Connected house -When we design for sharing, we all benefit-

2018年度

修了生

梅村 樹
<修士論文タイトル> 情報化時代におけるノーテーション手法と可能性に関する考察

江上 史都
<修士論文タイトル> ものづくりワークショップ空間における交流機会の分析と場づくりに関する研究-地域材を用いた親子椅子づくりワークショップを通して-

沖津 槙吾
<修士論文タイトル> 祝祭空間へのICTシステム導入とその効果について-豊橋鬼祭における実証実験を通して-

鈴木 哲
<修士論文タイトル> 大学製図室の作業空間利用実態と心理評価の関連性に対する考察-国立大学法人豊橋技術科学大学を対象として-

長井 菊野
<修士論文タイトル> ホスピタル・ホスピタリティ・ハウスの建築計画と施設利用実態に関する研究-CSR活動として設立された施設を対象として-

卒業生

富川 ひかる
<卒業設計テーマ> 現象する躯体~カヤッカーのための滞留施設~

中谷 昴太
<卒業設計テーマ> ランニングスケープ

名草 健太
<卒業設計テーマ> 岩を架ける擁壁

前川 寛太
<卒業設計テーマ> 或る街の煙突~ゴミ焼却施設の空間的読解~


2017年度

修了生

荒川 雅彦
<修士論文タイトル> 商店街空き店舗を活用したゲストハウスに関する研究—施設形態と地域交流に着目して—

石賀 恵太
<修士論文タイトル>

小泉 友伽菜
<修士論文タイトル> 東京都内の銭湯建築における利用者の動向からみた「“家的”サードプレイス」の在り方についての研究

村松 尚人
<修士論文タイトル> 児童の行動分析からみた通学路内における児童の歩行特性に関する研究